1年目から教室・スクールで1200万稼ぐには?

スクールビジネスの売上を伸ばすには、生徒数を増やすだけでなく、価格を上げる方法もあります。価格アップのポイントは、「結果が出る」付加価値の高いサービスを創ることです。

会社員の年収ランキングを見ると、年収1200万はトップクラスの高さです。高い収入を得る代わりに、厳しいノルマや長時間労働が求められるでしょう。一方、教室・スクールで起業すれば、1年目から1200万以上稼ぐことも可能です。

このコラムは『独自カリキュラム開発プログラム』の内容を元に執筆しました。

「結果が出る」サービスで高額化すべし

教室・スクールの売上は、価格×生徒数の掛け算で決まります。月々100万円稼ぐには、月額1000円の商品では1000人の生徒が必要ですが、月額10万円であれば10人の生徒だけでよいのです。

実に1/100の生徒数です。集客にはコストがかかるので、1000人の生徒を集めるより10人の生徒を集める方が簡単だと思いませんか? このように高価格商品を作ることで、少ない生徒数でも売上を伸ばすことができます。

■月100万稼ぐ2つの方法

 

低単価の場合 月額1000円×生徒1000人
高単価の場合 月額10万円×生徒10人

高価格商品を作ることで、儲かるスクールビジネスを作り上げたネイルスクールH社の事例を紹介します。ネイルスクールに通う生徒は、趣味で学びたい人からプロのネイリストを目指す人まで様々です。

ネイルスクールH社では、そんな生徒に向けて初心者向けからプロ志望まで、多様なコースを用意。それが返って生徒の迷いとなり、どこを受けたらいいかわからない状態となっていました。しかも、ネイル技術を学ぶだけであれば、ネットの動画が数百円で買えることもあり、生徒数が伸び悩んでいました。

そこで、プロになるまで育てるコースに重点を置いたところ、120万円という高額でも生徒が集まりました。これにより少ない集客数でも売上を伸ばすことに成功。集客数は少なくても良いので、広告費まで減らすことができたのです。

では高価格商品をどうやって作ればよいでしょうか? 複数のスクールビジネスの立ち上げに関わってきた私の結論は、「生徒の悩みや願望が強い分野で、結果の出るサービスを作る」ことです。事例のネイルスクールも、試験の合格や就職支援まで含んだサービスになっています。

スクールビジネスの世界では、学んだけれどできなかった、やっても身につかなかったという人が一定数います。そしてその中には、高くてもできるようになるならお金を払うという人もいるのです。たとえば英語の場合、以前ご紹介した「100日で伝えたい英語が身につく」など、できるようになることを約束するようなスクールは高単価でも選ばれています。

逆に、単に知識やノウハウを提供するサービスは、オンライン化してどんどん単価が下がってきています。あなたのスクールで、結果が出るサービスを開発してみてください。それができれば高価格でも喜んで入会してもらえるはずです。

3つの注目ポイント

  • 高価格なら、少ない生徒数で売上を伸ばせる
  • 少ない集客で良いので、広告費が抑えられる
  • 生徒の強い願望を叶えられるサービスを作る

ゼロから年商1億を突破した教育ビジネスの極意

「無料メール講座」



オンラインで21世紀型の教育ビジネスを展開すれば、ゼロからでも年商1億円の安定した、ビジネスモデルが作れるだけではなく、時間や場所からも自由になれます。

21世紀型教育ビジネスの本質は「人生に変革を与える」ことです。「人の成長に貢献できる素晴らしい仕事」だと教育ビジネスを実践した経営者は口を揃えておっしゃいます。

そんな21世紀型の教育ビジネスを学んでみたいと思う人は、無料なので、ぜひ登録していただければと思います。

無料メール講座の詳細を見る